YouTubeで稼ぐ3つの方法ユーチューバーなって稼げる確率


youtubeで稼ぐのは大変です。
大変と言うか、人気Youtuberになって専業で稼ぐのは、ほぼ無理です。

本日Youtuberの集いに参加して来ました。

参加条件はチャンネル登録者1000人を突破したYoutuber

Youtubeを3年以上続けられた根気強い人。
おおよそ200人に1人の関門を突破した人たちです。

しかし、会場にいた人約80人の内Youtubeで年間300万円以上稼げている人はわずか3名。
うち1人は私で私の場合セミナー代わりに動画をアップしているので純粋なyoutuberではありません。

すると80人中2人。

200人中1人の根気よさがあっても80人中2人しか年300万円というカツカツで生活できる数字をクリアできていない。

200人×80人÷2人=8000人に一人しか年300万円稼げない。

万に一つの確率です。

ちなみにyoutubeには3タイプのやり方があるそうです。

1 トレンド ヒカキンや本日の講師megwinさんは、このタイプ。有名なユーチューバーはコレですね。
10万人以上のチャンネル登録者がいて再生回数が百万超えは当たり前のクラス。

収入源は以下の3つが3分の1ずつと言ったところ。
再生数に応じたYoutubeからの広告収入。
企業とのコラボやタイアップ収入。
オリジナルグッズ販売の収入。

2 専門型、趣味型 これも10万人以上のチャンネル登録者がいて再生回数が百万超えは当たり前のクラス。ただしゲームとか、メイクアップとか、子供が使うおもちゃとか、釣りとか何らかのジャンルに特化している。

収入源はタイアップがほとんど、逆にいうと幾ら再生を伸ばしてもタイアップする営業力がないと稼げ無い。

企業とのコラボやタイアップ収入。
再生数に応じたYoutubeからの広告収入。再生数がトレンドほど伸びないのでここからの収入はわずか。

3 ビジネス集客型 自分のビジネスの集客にyoutubeを使っている。
再生回数、チャンネル登録者が少なくても以外に稼いでいる場合もある。

収入源はほぼ100%自分のビジネスから逆に言うと儲かる商品やビジネスが無いと稼げ無い。
私はこのパターン。

集客できれば良いのでチャンネル登録や再生数を伸ばす必要はない。

というかビジネス集客で再生数100万とかチャンネル登録10万なんて現実的な数字では無い。

ちなみに通常1,2をyoutberと言い。3は集客にyoutubeを使っていると言うそうだ。

何が違うかって1,2と3では1本の動画投稿にかける時間が全く違う。

1,2のYoutuberは1本の動画に約5時間掛けて投稿する。
企画と道具の準備 2時間
撮影 1時間
編集 2時間

3のyoutubeを集客に使う「なんちゃってようべつー」はいきなり撮影してアップするので1本の動画に30分以上かけることは少ない。

youtuberで専業でやるならチャンエル登録10万は欲しいところ
大体3000人に一人くらいはココまで到達する。
Youtubeで稼ぐのはプロスポーツ選手や人気芸能人になるのと同じ位の難易度だと思った。

パソコン使って稼ぐならアマゾン輸出のほうがはるかにカンタンです。

アマゾン輸出やっていて3年続けて年収300万円以下とか聞いたことない。

youtuberになりたいのではなくパソコン使って稼ぎたいなら無料のメールセミナーに登録してアマゾン輸出をやることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA