Uberとウーバー以外のTAXIアプリは似ていて別のサービスそしてAmazon.com.au

Uberが流行るわけ

Uberを利用するメリット

私が海外旅行をする際に使うタクシーアプリはウーバー、一択です。

Uberは従来のTAXIを使う際のストレスを解消したサービスです。

海外でタクシーを使う3つのストレス

1 運転手のガラが悪い

2 目的地を説明するのが大変

3 支払いの際に揉めることが多い

 

ウーバーが解決したこと
運転手のマナーが良い
ガラが悪い運転手も評価システムのお陰で本性を出すことが少ない。

 

目的地の説明が不用
Uberアプリで目的地を入力するので目的地の説明が必要ない。
※これは超絶に便利。
タイ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語など全く理解できない言語で運転手と話す必要がない安心感は素晴らしい。

 

支払いの際に揉めることが無い
配車確定時に料金がわかる、これはストレスフリー。
そしてアプリに登録したクレジットカードで支払いが完了するのも素晴らしい。
空港到着直後で現金を持って無くても利用できるので超絶便利。

 

Lyft

Uberと同じサービス使いやすい
しかし、サービス地域はアメリカのみ

 

myTAXI

 

GrabTaxi

 

 

 

 

Didi Dache(滴滴打車)とKuaidi Dache(快的打車)合併

中国のTAXIアプリサービス

利用していないのでサービス内容不明

義鳥では見かけなかった
杭州は小さな町なのでTAX使わなかった
上海は地下鉄が便利なので使わなかった

 

日本
TAXIは空車だらけ

電車と地下鉄やバスでTAXIを使う場面はとても限定的
それに中途半端なアプリを投入しても流行ることもないと思うがサービスはいくつかある

評価システムが無くても道を知らない新人ばかりという意外に問題はない
アプリで呼べば行き先の説明不用、料金固定というシステムなら使い勝手が良いが運転手の説得や規制でクリアできないんだろうな

 

 

LINE TAXI

スマホdeタッくん

全国タクシー配車

レアタク

ジャガーやアウディなど良い車に乗れるレアタクはかなりそそる。
今度TAXI使う機会があれば呼んでみよう

 

不便やストレスを解消するサービスは大きく流行ります。

 

オーストラリアの買い物事情は悲惨です。

欲しい商品が見つからない

欲しい商品が無いのでグレードを落としても値段が高い

何時届くのかわからない

何が届くかわからない

返品や交換の方法が恐ろしく面倒

 

Amazonはオーストラリア人の買い物のストレスを解消します。

元から買い物が便利な米国、日本、ヨーロッパでのアマゾンとは存在意義が違います。

 

まもなく、アマゾンがオーストラリアで物販を開始します。日本に住んでいるあなたはオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

 

「メールアドレス」と「お名前」を入力して「登録する」をクリックしてください。

メールセミナーは無料です。




メールアドレス: (必須)
お名前:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA