タイのバンコク仕入れ自動化にチャレンジします


バンコクからアマゾンFBAの納品ルートを見つけたが見当たらなかった。それなら作ろう!

バンコクは中国と比べて品質も良く、アマゾンで売るには申し分ない。

一度、バンコクには仕入れに行ったが感触は悪くなかった。
特に革製品辺りが狙いやすかった。
ファッションが好きな人なら仕入れがはかどるだろう。

バンコク仕入れは、現地で仕入れても旅費分を回収できることが多いようだ。
しかし、副業で取り組んでいる場合はワザワザタイまで仕入れに行くのは気が重い。

私の場合は、仕入れに行って大量に購入するのは楽しい。
しかし、何千個も出品作業するのが面倒なので誰かにやって欲しい。

そこで、バンコク仕入れ自動化にチャレンジします。

バンコク仕入れ自動化パターン1
転売アカデミーで差額が取れそうな商品を紹介する。

バンコクで仕入れ提案する商品の写真を撮って貰う。

会員限定のメルマガで紹介する。

購入希望者が代金を払う。

現地で商品を梱包してバーコードシールを貼ってアメリカのアマゾンまたは転送会社のBeHappyまたは、日本に送って貰う。

※利用者間の競合を避けるために利用人数を限定してサービスを提供します。

バンコク仕入れ自動化パターン2
eBayやBuyma、ヤフオク、楽天、日本アマゾン、米国アマゾンで見つけた仕入れ希望商品のURLを送る。

バンコクで類似商品の写真を撮って貰う(あるいはサンプルを一つ購入して送って貰う)。

購入者が代金を払う。

現地で商品を梱包してバーコードシールを貼ってアメリカのアマゾンまたは転送会社のBeHappyまたは、日本に送って貰う。

この仕組みを構築するのと、商品の写真を撮るために
5月下旬から1ヶ月くらいタイに滞在予定です。

プラトゥーナム市場

プラチナムファッションモール

カテゴリー: バンコク仕入れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA