日本は奇跡的レベルで輸出で稼げる条件が整っている


世界を旅行して物価が安くて住みやすく、輸出の仕入れに良い場所を探して思ったこと。

輸出の仕入場所として日本ほど恵まれている国はない、奇跡的レベルで輸出で稼げる条件が整っている。

 

輸出で儲けるために必要な条件

1 商品

2 サービス(輸送など)

3 税制

これらの仕組みを支えているのは、ブラック企業で安月給で死ぬまで働く人材。

こんな人材を見つけることは日本以外では不可能ではないか?

 

ポルトガルもタイも物価は安い。

しかし、日本の大都市に住んでいる年収600万円の世帯と同じレベルの生活をするのは無理。

 

laliste

物価の安い国の高級レストランのレベルは低い、値段は高い。

寿司屋で5万円払っても日本ではランチで2千円で食べられるレベルの食事。

 

物価の安い国では、明治屋や成城石井、デパートの地下で買うような高級食材は手に入らない。

 

もっと一般的なとこだと、発泡水のペリエは日本で買うのが一番安い。

ほとんどの国で輸入製品は高級品。

国産品と同レベルの価格で買えるのは日本だけ

 

タイでは輸入品は国産品の5~10倍する。

(日本も35年前は輸入品は国産品の3~5倍したけど。)

 

高品質なものがあふれかえっている日本

輸出ビジネスをすれば稼ぎやすい条件が揃っている。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA