日本市場じゃ稼げない海外ブランドが日本から撤退するわけ

デビアス日本撤退

給料3ヶ月分の婚約指輪を買えという習慣を根付かせた「デビアス」日本撤退

 

CITI BANKを初め他にも沢山の企業が日本から撤退しています。

日本から撤退したブランドの一例

 

ハーゲンダッツ

2013年に日本を撤退

 

オフィス・デポ

2009年に全店閉店 ネットショップのみ継続

 

Boots

イギリスのドラッグストア2001年に日本撤退

 

テスコ
イギリスのスーパー2011年に撤退

 

カルフール

2010年に撤退

 

IHOP
アメリカ、ファミレス2001年に撤退

 

プランタン百貨店 

2016年12月に撤退

 

ダンキンドーナツ
1998年に撤退

 

低価格で高品質な商品を奴隷のように安い所得で供給し続ける日本市場では儲からない。

裏を返すと低価格で高品質な商品を仕入できる日本市場は仕入場所としては理想的。

国内転売や輸入ビジネスで稼げなかった人がeBayやアマゾン輸出で稼げるようになるのも当たり前。

 

輸出ビジネスなら稼げます。

転売アカデミーアマゾン輸出サポート受付中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA