オーストラリアAmazon輸出無料マニュアル


オーストラリアというブルーオーシャンに世界最強のアマゾンが進出します

物価が高く、販売されている商品も少ないオーストラリア。
この物販ブルーオーシャンに世界最強のアマゾンが進出します。
ココで日本商品を売れば濡れ手に粟で儲けることが可能です。

 

Amazonオーストラリアで儲けるための無料マニュアルを作成しています

オーストラリアAmazon輸出無料マニュアルの内容は以下の5項目です。
無料マニュアルが完成したらお知らせします。
文末のメールアドレス登録フォームにメールアドレスとお名前を記入してお待ちください。

 

1 Amazonアカウントが削除されないために絶対にやるべきでないこと。

2 Amazonでの無在庫販売が儲からない理由。

3 オーストラリアAmazonに参加する方法。

4 アメリカAmazon販売NG商品。

5 オーストラリアAmazonで販売すべき商品。

 

2と4の項目については、アメリカアマゾンで無駄なことをしてアマゾンに対する日本人の印象を悪くすることが無いように盛り込みました。

 

オーストラリアAmazon輸出無料マニュアルは、USアマゾンとAUアマゾンに間違ったノウハウで取組んで市場を荒らされないように無料で配布することを決めました。

 

ジェフ・ペゾスという強烈過ぎるカリスマ経営者が全てを仕切るアマゾンと、どのように付き合えば効率よく儲けることが可能か?

 

この答えがわからず多くの人が手探りで試行錯誤しています。

 

しかし、残念ながら殆どの出品者は様々な理由で効率良く儲ける方法に辿り着けずにいます。

日本とアメリカとの文化の違い。
日本の経営者と米国の経営者の考えかたの違い。

ジェフペゾス以外の経営者とジェフペゾスの精神構造の違い。
Amazon以外とAmazonの企業文化の違い。

アレコレ試す前にアカウントサスペンドやアカウント削除に遭って退場させられた。

 

転売アカデミーでは、アマゾンとどのように付き合えば効率よく儲けることが可能か。
その答えを持ってサポートしています。

 

そのためパソコン音痴の初心者でも、物販が始めての初心者でも、英語が全く出来なくても、副業が始めてという初心者でも稼げるようにサポートしています。

 

転売アカデミーサポート実績

転売アカデミーサポート実績

転売アカデミーサポート実績

作業スピードと資金によって差はありますが初心者でも、このくらいに売上には3~6ヶ月で達成します。

 

何故、多くの出品者やアマゾンサポートをする塾、ツール提供者がたどり着くけない効率良く儲ける方法に転売アカデミーは辿り着けたのか?

 

それは、以下の裏づけと私(転売王 掘 英郎)1人で累計700人以上をサポートをして来たデータの蓄積からです。

 

日本とアメリカとの文化が違うことを理解した上でサポートしています。

ほとんどのアマゾン輸出実践者やサポーターは日本でしか暮らしたことがありません。
海外との接点はインターネットと偶に行く短期の旅行ぐらいでしょう。

私は、1990年にニューヨークマンハッタンの語学学校に通っていました。
また2013年から今年まで3年半オーストラリアシドニーに住んでいました。
旅行もアメリカ西海岸を2ヶ月かけて回ったり、3ヶ月かけてヨーロッパを回りました。

 

また日本人は宗教にも興味が無いので聖書を読んだこともなくキリスト教の考え方を理解していません。

 

私は、3大宗教である仏教、キリスト教、イスラム教、それからユダヤ教が、どんな考えで何を教える宗教なのかも研究しました。

 

そんなワケで日本とアメリカの文化の違いや、何故違うのか、その理由も理解出来ています。

 

日本の経営者と米国の経営者の考えかたの違いを理解した上でサポートしています。

日本の経営者と米国の経営者の考えかたの違い。
これは日本と米国の社会構造の違いに起因します。

 

従業員の質
日本は、サラリーマンや役人になるのに最適な教育を義務教育として受けさせて、その延長で大学や大学院まで教育するという特殊な国です。

 

経営者の資質
日本の場合、経営者とは社内出世競争に勝ったサラリーマン経営者が運営する大企業。
または、大企業を作り上げる目標は持っていない零細企業経営者です。

働く人たちも経営者も異質なわけですから全く違った運営になるのは当然です。

そのような日本の経営者と米国の経営者の考えかたが違うという前提を理解した上でサポートしています。

 

ジェフペゾス以外の経営者とジェフペゾスの精神構造の違い。

普通の経営者は経営学を学んでいます。

しかし、ジェフペゾスは哲学的というか宇宙的というか量子力学的というか独特な経営哲学を持っています。

欧米のスタートアップ起業の経営者は、独特な経営哲学がある場合が多いのですが、その中でも異色です。

 

Amazonの前にジェフ・ペゾスが付けた会社名が「アブラカタブラ」から取った「cadabra(カタブラ)」でした。しかし
「cadaver(死体)」と発音が似ているので、全ての流れが注ぎ込む広大なアマゾン河から名前を取ってAmazonに社名を変えました。

 

何でも叶う魔法の言葉から社名を付けたわけです。
目指したのは利用者にとって魔法のように便利なサービスを提供する会社。
あるいは、自分にとって魔法のように夢を叶える会社。

お金そのものでは無く、その会社ができること。
あるいは、その会社を作ることによって自分が出来るようになることに興味があったと予想できます。

ジェフ・ペゾスは世界の小売販売・物流を支配するという目標の元にアマゾンを育てています。

これは設立時に公言していたことです。

 

ちなみに、ペゾスが子供の頃に夢に見た宇宙旅行程度なら以前の投資会社に留まっても達成可能だったワケなので、もっと達成困難な夢を目指していることは間違いないでしょう。

 

実は私も子供の頃というか20代まで、宇宙旅行を目指していました。
宇宙旅行を目指したことが無い、普通の人には宇宙に行きたいなんて夢がある気がします。
しかし多分、現実はあまり夢があるカワイイ理由で宇宙を目指すわけでは無いです。

 

この世に、嫌気が差したか、退屈して達成困難な目標を持たないと生き続けていく気力が湧かないので壮大なと言うか荒唐無稽にも思える目標を持つ場合が多いです。

 

ジェフ・ペゾスとスティーブ・ジョブス、ビル・ゲイツというインターネット時代を代表する企業を作った3人とも全員、実の親では無く里親に出されたことは偶然ではないと考えています。

 

このように普通に考えればアマゾンのサポートするのに、そこまで考える必要は無いだろうという所まで考えてサポートしています。

 

Amazon以外とAmazonの企業文化の違い。

スティーブ・ジョブスとジェフ・ペゾスに共通する特色。

例えエレベーターが一緒になったという僅かな時間でも一緒に過ごすことは、吐き気をもよおすほどの恐怖以外の何者でも無い。

社員は全員スティーブ・ジョブスやジェフ・ペゾスと「一緒に働く」のでは無く。
社員は全員スティーブ・ジョブスやジェフ・ペゾスの「ために働く」。

 

スティーブ・ジョブスやジェフ・ペゾスは、思いつきや偶然で引っ張ってきた人材を今までの経緯抜きに重用する。

このため社内の風通しは悪いです。

アマゾンは部署が違えば交流が無いと言うより、部署が違えば、あるいは役職が違えば敵です。

 

これは、若い会社と言うより歴史ある財閥系起業や役所に似ています。

歴史ある財閥系起業や役所は顧客なんて見ません。顧客は眼中になく社内政治と保身のみに意識を向けています。

 

アマゾンは誰にも見えない未来を見ている船長ジェフ・ペゾスが舵を取る。

各持ち場の長は、常識から考えると冗談にしか思えない指示を受けて正しく部下を導けない。
そして何時、船長の機嫌を損ねて撃ち殺されるかビクビクしている。

船員達は、あまりのスピードに追いつかず、目的地もわからずうごめいている。

 

こんな船は、普通なら難破するでしょうが、船長ジェフ・ペゾスは天才で億万長者なので難破はしません。

私たちマーケットプレイスを利用するセラーは、この船に乗せてもらってお手伝いをしてお駄賃を貰っています。

しかし船に相乗りするなら、どんな船がわからないと荒海に放り出されます。

 

アレコレ試す前にアカウントサスペンドやアカウント削除に遭って退場させられた。

私はアマゾン輸出に取組んだ初期には、アカウント削除を恐れずに削除される基準を探りました。

そして何回かアカウントサスペンドあるいは削除されました。

 

また、サスペンドされたアカウントの削除を回避して復活させるサポートも数十件しています。

そして、アカウント削除された人に別アカウントでアマゾン輸出に取組むサポートも数十件しています。

その経験で削除される基準、復活できるか無駄かの目安がわかっています。

 

しかし、ほとんどの塾の教えを信じるとアマゾンアカウント削除されます。
そして一度アカウント削除されると別アカウントでの運営も失敗しています。
考えなしの行き当たりバッタリにアマゾンアカウントを運営していることに驚きます。

 

スリーアウトルール

アメリカはベースボールが盛んです。野球は3ストライクで1アウト、3アウトで攻守交替です。
3アウトで退場と言うルールが米国社会のルールとして一般的にあります。

3アウトルールは、アカウント削除されないようにする。あるいはアカウントが危険な状態だと予測するために意識すべき基本的ルールです。

 

結構な売上を上げているアマゾンセラー。
そして、塾を作ってサポートしている人。
驚くことに、この3アウトルールを意識している人はほとんどいません。

 

アマゾンガイドラインを守っていれば大丈夫と言う役に立たないことがはっきりしている願望にすがってアマゾンで物を販売しています。

実際は、アマゾンのガイドラインに違反してもアカウントを削除されないこともあります。
アマゾンのガイドラインを守ってもアカウントが削除されることもあります。

 

転売アカデミーではアマゾンアカウントをサスペンドされないための運営を重視しています。

そして、アカウント削除された人に別アカウントでアマゾン輸出に取組むサポートも可能です。
※ブログなどで得られる、こうすれば複数アカウントが運営できるという情報は通用しません。
複数アカウントのチェックに対してアマゾンは、ほぼグーグル並みのテクノロジーを持っています。
そこまでやるのかという所までチェック可能です。

 

まもなく、アマゾンがオーストラリアで物販を開始します。日本に住んでいるあなたはオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

オーストラリアAmazonで儲けるための正しいノウハウがわかる無料マニュアルを作成しています。

マニュアルが完成したらお知らせします。

 

「メールアドレス」と「お名前」を入力して「登録する」をクリックしてください。




メールアドレス: (必須)
お名前: