商品探し

初心者でも儲かる商品が見つかるのはオーストラリアAmazonだけ

オーストラリアAmazon売上見込7兆8000億円

オーストラリアAmazon売上

オーストラリアの経済研究所の予測記事

オーストラリアAmazonは3年後の2022年にはオーストラリア第6位の小売業者になるだろう。

オーストラリアAmazon2022年の売上予測

6兆2400億円から7兆8000億円(80億ドルから100億ドル1AUドル78円で計算)

この数字は日本 Amazon の2016年の売上高1兆1660億7600万円の6.7倍の売上規模です。

日本アマゾン売上

日本 Amazonの売上

日本 Amazonは2010年や2011年頃が一番、稼ぎやすかったです。

この時の売上は5025臆から6576億円。

転売の旬

転売の旬は客層の良い成長期です。

成熟したプラットフォームは顧客も荒れライバルも増えて稼ぎにくく面倒なことが多い市場になります。

ヤフオク 楽天 日本アマゾン USAmazon メルカリ いずれもプラットフォーム自体が成長している時期は濡れ手に粟で稼げました。

これから成長していくプラットフォームは、オーストラリア Amazon だけです。

世界のAmazon比較

儲かる商品探しクリアすべき条件

アメリカAmazon

USAmazonで儲かる商品を探すなら高い目利き力と1000万円の資金が必要です。

独自商品の開発 既に小売転売の出品者は飽和しています。

今から参入するにはメーカーになるか、メーカーの代理店になる必要があります。

高い目利き力が必要になるのは勿論です。

また資金も小額では難しいです。

独自商品の開発または代理店になる保証金で約1千万円は欲しいところです。

日本Amazon

日本Amazonで儲かる商品を探すならアメリカよりも更に高い目利き力と1000万円の資金が必要です。

独自商品の開発 既に小売転売の出品者は飽和しています。

今から参入するにはメーカーになるか、メーカーの代理店になる必要があります。

高い目利き力が必要になるのは勿論です。なぜなら日本の消費者は世界一商品品質に厳しいからです。

当然、資金も小額では難しいです。

独自商品の開発または代理店になる保証金で約1千万円は欲しいところです。

アメリカと日本Amazonは商品を見つければそれでめでたしめでたし後は儲けるだけと言うワケには行きません。

商品を見つけた後もカタログ作成・ブランド登録・商標登録・広告の運用これら全てをうまくそつなくこなさないと儲かりません。

eBay

eBayで儲かる商品を探すのは人並み外れた根気があれば資金がなくても可能です。

しかし、eBayセラーは世界中に大勢います。また日本にも大勢のセラーがいます。

そんな猛者たちと競って高く売るわけです。

最低限、画像とタイトル、商品説明を作りこむ必要があります。

写真
売れるか売れないかの50%は写真で決まります。
プロに撮影を頼んでいる人もプロ並みの人もいます。
素人は数で勝負。プロは12枚の画像を撮るのに120枚もしかすると1200枚の撮影をします。
素人が20~30枚撮影した写真では確実に負けています。

タイトル
写真と同じくらいタイトルが重要です。
購入者が調べるタイトルを左端に持っていくのが基本。
何パターンもテストしながら売れるタイトルを見つけます。

商品説明
購入者が知りたい情報をもれなく載せる
本物であることの補足説明
今すぐに買うべき理由
長いと読まれません

購入見込み客がたどり着くためのタイトル

初めて見た人にも何の商品かが一目でわかる写真

稀少性があるからスグに買おうと思わせる説明文が必要です。

更にリピータを掴む工夫がないと儲かりません。

Amazonで行うべきことに比べると別次元に面倒な作業です。
完全にやりきる自信が無いならeBayでは稼げません。

独自ショップ

独自ショップで儲かる商品を探すなら日本やアメリカAmazonでの商品探しよりも更に高い目利き力と1000万円の資金が必要です。

それにプラスしてeBayより更に高いカタログ作成能力とリピータを掴む工夫が必要です。独自ショップで本気で儲けるなら億の予算はあったほうが勝算は高くなります。

初心者がローリスクで取組めるものではありません。

オーストラリア Amazon

仕入資金20万円で私のアドバイスどおり商品を探すだけです。

アメリカが日本アマゾン、イーベイ、独自ショップに比べると拍子抜けするほどカンタンです。

今のうちからオーストラリア Amazon に取り組むことが初心者が稼ぐ一番良い方法です。

物販初心者にはオーストラリアAmazonがお勧めの理由は商品探しが簡単なだけではありません。

オーストラリア人は間違いに寛大です。

日本アマゾンでやったら詐欺師呼ばわりされて悪い評価確定の事例

アマゾン紛らわしいカタログ

タイトルを見ると白とピンクのセット販売に見える。

しかし、画像はピンク

Amazonには紛らわしいカタログが結構あります。

今回は、ピンク1点をFBAで販売したら購入者から「白とピンクのセットじゃないのか?」 とクレームが来ました。

そこできっぱり「いいえ、ピンクのみの販売です」と返事をしたところ。

「白とピンクのセットを買ったのにピンクだけ届いた」評価3!

えーっ返品するとか、評価1とか2じゃなくて評価3

日本なら詐欺師呼ばわりされるでしょう

アメリカでも返品されるでしょう

しかし、さすがオーストラリア不満はありつつも、まあ普通の評価3 「1つ少ないけど、まあいっか」というところです。

普段からリアルショップやインターネットショップで酷い目に遭い続けているオージーは忍耐力の強さと適当さが日本人から考えると別世界です。

大した努力も無しに儲かる市場で稼ぐ

日本やアメリカAmazonで儲かる商品を見つけるのは難しい。

初心者がeBayや独自ショップで稼ごうとするのは無謀。

南の地の果てオーストラリアはライバルの居ないブルーオーシャン。

私はできるだけラクに稼げる場所を見つけて効率良く、ストレスなく稼ぎたい。

あなたが私と同じく出来れば楽して稼ぎたいと考えているのであれば、 勝ちやすいオーストラリアAmazonを始めましょう。

Amazonがオーストラリアに上陸しました。日本に住んでいるあなたにオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

ここをクリックしてオーストラリアアマゾン輸出サポート申込ページを見て下さい