オーストラリアアマゾン輸出はインターネットで稼ぐラストチャンス


これからインターネットで稼ぐなら一番のお勧めはAUアマゾンです。

副業初心者でも本業以上に稼げるチャンスがあります。

 

オーストラリアアマゾンが間も無く始まる3つの兆候

11月13日SydneyでAmazon主催のセラー希望者への説明会を開催

オーストラリアメルボルンでアマゾン倉庫が稼動済み

日本アマゾンのセラーシステムにamazon.com.auが組み込まれた

Amazon.com.au

 

オーストラリア市場はブルーオーシャンです。

 

浪費家が多い

オーストラリアの平均所得

オーストラリアの平均所得、約712万円(AU$80,498)
普通は共働きなので平均世帯収入は1,424万円です。
80498.20902=52.1429×1543.80
高所得で貯蓄はほぼゼロ、これがオーストラリアの標準デフォルトです。

オーストラリアの消費意欲は旺盛

 

オーストラリアには浪費家が多いので子供に警告するような警告が必要なワケです。

 

バーゲンで浪費に注意

ボクシング・デー(12月26日)の大バーゲンで浪費しないようにと、QLD州政府が消費者に呼びかけている。

本当に必要なものだけを買うようにと警告した。「誇大宣伝にのせられて、それほど欲しくもない商品を買ったりしないように。・・・」

 

 

オーストラリア人が浪費家だという一つの指標パスポート所有率

 

オーストラリア人は海外旅行が大好き

海外旅行をしていると、色んな国でオージーを見かけます。

 

海外旅行は金が掛かります。

節約して回るバックパッカーでも数十万円。

余裕のある人なら数百万円かかります。

 

海外旅行に行く人が多いということは、お金を使う人(使える人)が多いということが言えるでしょう。

 

 

オーストラリアは物価が高い、価格に鈍感な人が多い。

オーストラリアのIKEAは日本から商品を輸出して日本の2~5倍で販売しています。

 

ロイズのチョコレートは日本の3倍以上の価格で販売しています。

しかも、日本だとロイズは高い高級チョコですが、シドニーでは手頃な価格で買える高級チョコです。

 

 

景気の悪い、そしてライバルの多い日本で初心者が物販で儲けるのは難しいです。

 

日本が景気が悪いワケ

人口ボーナス・人口オーナス

日本・米国・中国人口ボーナス・人口オーナス

 

オーストラリア人口ピラミッド

人口ボーナス・人口オーナス

第一生命経済研究所 経済調査部

人口ボーナス・オーナス期の確認
世界における人口ボーナス期から人口オーナス期へと転換する時期

(1)第一グループ(~2000 年代):日・欧・米

(2)第二グループ(2010 年代):オセアニア、アジアNIEs、中国等

(3)第三グループ(2020 年代):ASEAN、中南米

(4)第四グループ(2030 年代~):インド、フィリピン、南アフリカ等

一方、人口ボーナス指数と生産年齢人口ピークの時期を見ると、

第一グループの中でも既に生産年齢人口がピークアウトしている日本、ドイツ、イタリア

生産年齢人口が増え続ける米国、英国、フランスに分けることができる。

第二グループの中では生産年齢人口のピークアウトが予想される韓国、タイ、中国、シンガポール、カナダと

生産年齢人口が増え続けるオーストラリア、ベトナムに分けることができる。

 

将来が明るいなら人は貯蓄をせずに消費をする。

 

日本人が消費を楽しめるマインドになる日が来る可能性は低い。

オーストラリア人は消費が大好き。

 

しかし、日本より景気が良く、これから始まるためライバル不在のブルーオーシャンオーストラリアAmazonなら初心者でも稼げます。

 

オーストラリアにはヤフーショッピングや楽天のような便利なサービスはありません。
ネットショッピング不毛地帯にいきなり世界最強のアマゾンが上陸します。

 

これは、日本にヤフオクが登場した時。そして米国にeBayが登場した時より衝撃的な出来事です。

現にアマゾン進出によって潰れる大規模小売店が続出するとの予測がオーストラリア証券界を賑わしています。

 

そうは言っても初心者が自力でノウハウを積み上げて稼げるかと言うと、そんなに甘くはありません。

 

転売アカデミーのサポートを受けて正しい方法で稼げる商品を扱うことが大切です。

まもなく、アマゾンがオーストラリアで物販を開始します。

Amazonがオーストラリアでマーケットプレイスを開始します。日本に住んでいるあなたにオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

コチラをクリックしてオーストラリアアマゾン輸出サポート申込ページを見て下さい