アマゾン物販の魅力

世界一の大金持ちになる方法

世界一の大金持ち

「100倍の利益が戻ってくる可能性が10%あれば、必ず賭けるべきだ」

失敗するなら早く

小さく始めて大きくしていく

1回目 1千円×3倍 =3千円
2回目 3千円×3倍 =9千円 ほぼ元が取れる
3回目 9千円×3倍 =27千円

4回目 27千円×3倍 =81千円
5回目 81千円×3倍 =243千円 5回目で243倍
6回目 243千円×3倍 =729千円

7回目 729千円×3倍 =2187千円 7回目で2187倍

転売アカデミーサポート実績

毎月5万円の仕入れ 半年で儲かると商品が見つかるスキルと自信をつけて投資額を50万円に増額

世界一の大金持ちになったジェフ。ペゾスの提供しているアマゾンの販売者になるという選択は現在最も成功率の高い稼ぎ方です。

Amazon輸出で幾ら稼げるのか

転売アカデミーでサポートを受けると、Amazon輸出で幾ら稼げるのか

初心者が物販をするならAustraliaアマゾン輸出が一押なワケ
あぶく銭を持ったオーストラリア人に安く買った商品を高く売れば儲かる!

シンプルで結果が出るのが早い

 

転売アカデミーサポート会員成果報告

 

転売アカデミーサポート実績

 

転売アカデミーサポート実績

 

転売アカデミーサポート実績

 

Amazonの仕組みは利益が出しやすい

 

ベイブレード

ベイブレイド1,328円で仕入れて約3倍45.69ドルで販売

1 オーストラリア ドル = ¥ 82,65 日本 円 3,776円

3776円-1328円=2448 円

差額は2,448円

 

EMS送料

自分で発送するeBayで販売した場合

500gの送料2,000円-販売手数料+出品料500円=2,500円

差額2,448円をオーバーして赤字です。

 

Amazonが発送してくれるFBAというサービスを利用した場合

(3.5kgの送料6,600円で30個送れるので)送料220円-販売手数料+出品料700円=920円

差額2,448円-920円=1,520円の利益が出ます。

 

しかも自分で発送する必要がありません。

入金確認、梱包、発送、発送通知、クレーム処理、全部アマゾンがやってくれます。

 

 

右から左に商品を動かすだけで月商5千万円

中国のアリババで購入した商品をアマゾンで販売するだけで月商5000万円

 

人も使わず商品を選んで中国から米国に動かすだけ

始めて1年と経たずに月商5000万円

 

「こんなチョロイ儲けかたがあるとは笑える。」

 

先日、オーストラリアのインターネットビジネスをやる人たちのミィーティングで聞いた言葉

 

確かにアマゾンは売れる商品を見つけるだけで稼ぐことが可能。

アメリカアマゾンはライバルも増えているが月商5000万円が直ぐ達成可能なほどに購入利用者も増えている。

 

月商5千万円という数字を目標にする人は少ないだろうが、参考になることがある。

 

10万人以上が年間1200万円

月間100万円以上売り上げている。

 

これはスゴイ数字ですね。

ユダヤ商法の原理原則

財布の紐が緩いところを狙って利益率の高い商品を販売して儲ける

 

自分で苦労して必死に稼いだ金(日本)を無駄使いする人は少ない

 

紐が緩くなるのは、こんなお金が入っている財布

1 苦労もせず適当に働いて入ってきたお金

2 自分でなく他人(夫)が稼いだ金

3 不動産投資や株式投資などの不労所得

 

オーストラリアには1と3に該当する緩い財布がたくさんあります。

 

そんなワケでユダヤ商法を手軽に試せるオーストラリアAmazon輸出は稼げます

主婦でも300万円

副業でも300万円

本業だと1000万円

これだけの金額をマイペースで1人で稼げます。

 

日本に住んでいるならアマゾン輸出で稼がないともったいないです。

財布の紐がガチガチに堅い日本は販売場所としては最悪ですが仕入れ場所としては最高の場所です。

 

日本は物価が安くオーストラリアは物価が高い。

日本人の年収分布で一番多いのは年収200万円以下です。

日本年収分布

 

オーストラリアの平均所得、約712万円(AU$80,498)
普通は共働きなので平均世帯収入は1,424万円です。

高所得で貯蓄はほぼゼロ、これがオーストラリアの標準デフォルトです。

AU市場にはまともなライバルがいない

弱い相手しか居ない場所で戦うのが戦いに勝つもっとも有効な方法

 

Amazonがオーストラリアでプライムサービスを開始しました。

 

日本に住んでいるあなたにとってオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンス到来です。

ここをクリックしてオーストラリアアマゾン輸出サポート申込ページを見て下さい